薬剤師を目指すためには

薬剤師を目指す方は多いと思います。安定した仕事というイメージがありますし、職場復帰もしやすいですから、目指す方が多いのも頷けます。

 

そんな薬剤師ですが、どうすればなることができるかご存じでしょうか。
薬剤師になるためには、薬剤師の国家試験に合格しなければなりません。試験範囲が広く、薬学に関する多くの知識が必要になります。
合格率は、年によってバラツキがありますが、6、7割といったところです。何にしても、生半可な気持ちでは合格できません。

 

薬剤師になるために必須である薬剤師国家試験ですが、誰にでも受験できるわけではありません。薬学系の大学で学んだ者でなくては受験できないのです。ですから、薬剤師を目指す方はまずは薬学系の大学に進学することを目標としましょう。
そして、薬学系大学合格がゴールではなく、薬剤師国家試験に合格することを最重要目標として勉学に励む必要があります。
薬学系大学ですが、4年制ではなく6年制ですので注意しなくてはなりません。その分、学費がかかるということを覚悟しておきましょう。

 

さて、晴れて薬剤師国家試験に合格した方は、どんな職場で働くのでしょうか。多いのは薬局です。薬局の数は増えていますし、人気の職場と言えます。薬局だけではなく、製薬会社や病院でも働けます。それらの職場から、自分の希望に合った所で働くのが理想です。

 

薬剤師になるのは、簡単ではありません。薬剤師になりたいと考えているのなら、努力を惜しまないようにしましょう。