2016/05/16 16:00:16 |

薬剤師はどちらかといえば女性に多い職業で、結婚や出産などとどう折り合いをつけていくかを考えなければならないです。一度正社員として就職をしたとしても結婚や出産を機に退職するということもあり、そうなるとどこか他の職場に復帰するときはアルバイトやパートになるということも十分あり得ます。子育てとともに両立させるとなれば正社員で雇われることにこだわってもいられませんので、アルバイトやパートで働くということもあります。ただ、薬剤師の場合は時給面で恵まれていますので、その分フルタイムで必ずしも働かなければいけないというわけはないです。つまり、職場にもよりますが自分の都合に合わせて勤務スケジュールを組みやすいです。

 

薬局にもよりますがかなりの数薬剤師を抱えているところなら、それぞれの都合を加味した上で勤務シフトを組むことが可能です。薬剤師アルバイトやパートの場合はそれがかなり柔軟にできるでしょうから、たとえ家庭との両立をしなければならない状況であっても上手くやれる可能性が高いです。これは働きたい希望を持っている主婦にとってはとても嬉しいことで、そういうところが優遇されている点といえます。

 

もちろん職場によっては希望が通らないこともあるでしょうし、すべてが自分の都合通りにはならないかもしれません。ですが、他の職業のアルバイトやパートに比べれば融通は利きやすいので、そういう働きやすさは特筆すべき点だということができます。

2016/05/10 14:40:10 |

現在は薬剤師の働き方が多様化しているのではないかと考えられています。多くのエリアでこの傾向が見受けられるようになり、高い関心が寄せられるトピックのひとつとして取り上げられています。薬剤師として働くにあたり、このようにして多彩な働き方を実現できる点はメリットとして認識される傾向が強く、注目を集めています。勤務する頻度を自由に設定できる可能性が高くなったり、勤務時間の調整が自在にできる環境が整備されたりしているため、このような特徴が強く見受けられていると言えるのではないでしょうか。
他の職種に比べても、薬剤師の勤務の形態は多様化の傾向が顕著に進行しているのではないかと思います。そのため、薬剤師が円滑に仕事を進められる環境が整備されることにも繋がってきており、良い特徴として考えられているのではないでしょうか。職場によってこの程度には差があると考えられているものの、総じて薬剤師の働きやすいよう環境整備が展開されているとみられています。勤務形態の多様化に関する流れは、今後更に鮮明になっていくことが予測されています。そのため、働きやすい職業という認識がこれまで以上に強いものとして見受けられていくのではないかと思います。薬剤師の仕事をしたいと模索する人の中には、このような特徴を良い点として捉えている人も高い割合で存在していると考えられています。そのため、この特色が薬剤師においてはクローズアップされるのではないでしょうか。

2016/05/09 15:07:09 |

20年来の親友の娘さんが昨年の春より薬剤師になりました。薬科大学へ通っている時は一緒に娘さんを送迎したり、ランチにも度々うちの子も含めてランチへディナーへ行っていたので、どれだけ勉強が大変で学費が高いかも知っているつもりですが、実際に働き出して給与やボーナスを聞いていたら、やっぱり普通のお勤めとは違うなと感じました。

 

なので、我が家(下の子)を薬科大学へ入れたいと真剣に考え出しました。
薬剤師さんになった子のママ(私の親友)も同じく薬局の医療事務として長年勤めているのですが、娘の給料やボーナスを聞くと自分の仕事がやってられないと思ってしまうというのです。

 

また薬剤師は正規雇用ではなくともバイト扱いの時給でも信じられない額をもらえるそうなので(因みに親友が勤めている薬局の薬剤師さんの求人募集は時給は2500円より〜からだそうです)
また一度家庭に入って引退しても、能力の高い人は年齢に関係なく薬剤師として復帰できるとのことなので、女性が手に職をつける意味では絶対に薬剤師は良いよと親友にも下の子を薬科大学へ入れる事を勧められています。

 

あとは子供のやる気と薬科大学へ入れる能力によると思いますが、将来を考える時期としては凄くよいアドバイスだなと思っています。
やはりその現場で働く人の感想が一番リアルですし、信用が出来る話なので、これから薬剤師の道へ行くか1年間よく家族で話し合いながら進路を決めていきたいと思います。

2016/05/08 20:00:08 |

薬剤師を新卒の形式で採用する流れは、多くの医療関連の現場において見受けられているのではないかと考えられています。かつてに比べて薬剤師を必要とする場所が多くなったり、薬剤師の雇用の規模を拡大させたりするケースがしばしば確認されているため、新卒の人材を雇用する動きが高い頻度で見受けられているのではないかと推測されています。
新卒採用に関する動向が活発なものとなっていくことによって薬剤師の人材が多くの場所で迅速に確保されていくものとみられています。そのため、この傾向は概ね歓迎されるものとして認識されるようになり、多くの方面で話題のひとつとして取り上げられているのではないでしょうか。また、この特徴は地域に関係なく該当するものであるとも考えられており、新卒で薬剤師を採用することが普遍的な動きのひとつとして認識されているのではないかとみられています。
今後も薬剤師の新卒採用に関しては、より積極的に展開される可能性が高まるものと見込まれています。薬剤師の仕事をしたいと希望する人々にとっては、このような傾向は強く歓迎されていくと考えられており、話題のひとつとして取り上げられるのではないでしょうか。また、医療現場や薬局によっては、今後さらに新卒の薬剤師の雇用を活発なものとする計画を構築する場合もあると考えられていることから、このような薬剤師の新卒人材の採用に関する動きが一層活性化されるのではないかとみられています。